スナップのつけ方 ~イラストでわかりやすい!~

9 0
この記事は、2007. 09.25にホームページ(現在は閉鎖)にUPした内容を編集・加筆したものです。 

:: スナップをつけよう!

snap_top.jpg

縫い付けるタイプのスナップです。
凹凸2つで1組です♪


洋服にもよく付いているし、見たことがない人はいない 、、、 ですよね?
イケコがホームページを公開していた頃の、一番人気のページ ボタンのつけ方 ( ちなみに このブログで再掲載して、今でも一番人気のページです^^ ) に続く人気のページでした。
多少自己流が入っていますが、お役にたてるようにガンバってイラストも描きました^^

それでは、はじめましょう♪



▼ スナップのつけ方


1、スナップの凹凸のつける位置と順番

まず付ける前に迷うのは 「 上側の かぶさる方 には どっち が付けるか? 」 ではないでしょうか?
わたしもです。^^

snap01.jpg

正解は
・上側のかぶさる方 → 凸
・下側 → 凹


イラストは スカート をイメージして書いてみたのですが、、、見えます? ^^;
そして、 ” 凸 ”から付けはじめます。



2、つける位置にシルシをつけ、一針目

snap02.jpg
凸側をつける位置の 中心にシルシ をつけます。
イラストではわかりやすいように 「 × 」 を書きましたが

わたしは実際にはチャコペンシルを ギュッと押しつけて
丸ともいえない、目印 をつけるだけです。

一針目 はそのシルシからチョト ( 糸2本分ぐらい ) 離れたところに
玉結びをした糸をとおした針を刺し、チョト(糸2本分ぐらい)布をすくいます。

【 なぜ布の表に玉結びを出すのか? 】
普通は 玉結び は裏ですよね。
なぜスナップ ( ボタンも ) を付ける時は表に出すのでしょう?

それは、出来上がった時に、 スナップの下にかくれる ので、
 からだけでなく、 から見ても 玉結びが見え無くなるからです! 



3、スナップを固定する

snap03.jpg
シルシの場所に 下から待ち針 を刺し、スナップの 真ん中にあいている穴 をとおし 固定 します。

この 待ち針を打つため に、玉結びをチョト(糸2本分ぐらい)シルシの位置 ( 要するに中心 ) から はずした のです。

* 以下のイラストでは待ち針は省略します

【 イケコのひとり言 】

実は、学校で習ったのは、上から刺す方法だったのですが、
針の先(とがっている部分)が見えないので
よく指に刺して痛いんですよ~。
snap04.jpg
下から刺しても、指に 刺す時は刺す のですが(^^;
上から刺すより少なく感じるので、私は下から刺しています。




4、ぬい付ける二針目

snap05.jpg
” 1、でぬった一針目 ” を穴の一つから出し、
スナップの外側のフチから
穴の中に針を出します。



5、ボタンホールステッチのように

snap06.jpg
できた” 輪 ”に下から針をくぐらせひっぱります。

何かに似ていませんか?

そう ” ボタンホールステッチ ” に似てますね。
というか、そのもの?

4、5、 を2~3回くり返します。


6、次の穴へのうつり方


snap07.jpg
スナップの下( かくれるところ )に針を刺し、
次の穴から針を出します。

4、5、 を2~3回くり返します。


7、全部ぬったら
snap08.jpg
ぬい終わりのすぐそばで、少しすくいます。



8、スナップの下をくぐらせ、反対側に


snap09.jpg
玉止めを作り、そのそばから針を入れ、スナップの 下を通して向かい側 に出します。 

裏に糸が出てもいい場所なら、イケコは 一針 縫っちゃいます。 丈夫な気がして 
下のイラストの方がわかりやすいかな?

snap10.jpg

わかりやすいようにスナップを浮かせてますが、実際はピッタリくっついてます。(^^;

ややこしい事を言ってしまいましたが、、、
要は、 スナップの下をとおして、玉止めの対角側 に糸をもっていければいいのです。


9、玉止めの隠し方

snap11.jpg
糸を引っぱると、玉止めがスナップの下にもぐります。( イラストではまだもぐっていない状態 )

もぐったら、 引っぱったまま スナップの外側の フチ にあわせて糸を 切る と、
切り口 も 玉止め もスナップの 下にかくれ てキレイです♪



10、凸側の完成!

snap12.jpg
これも、わかりやすいようにスナップを浮かせてますが、実際はピッタリくっついてます。(^^;

凸側の完成です!


11、凹側のつける位置

凹側のスナップをつける 布を 、狙いを定めて完成した凸側スナップに かぶせます。 
指で押し付けると  が残ります。

消えないうちにシルシをつけ、凸側スナップと同じように付けます。



:: スナップをつけるための” ぬい針 ”と” 糸 ”
▼ ぬい針

同じようなところを ” 行ったり来たり ” する作業では、
小回りの利く 短い針 がオススメです!




画像をクリックするとメリケン7号(写真は8号だけど^^;)を購入できる楽天のお店に行けます♪

イケコは、 メリケン7号 を使っています。^^
( メリケン7号は普通地用の手縫い針( 洋裁用 )約3cmです )

うっかり 三ノ三 ( 和裁用の縫い針、約4cm ) を使うと長すぎて、
「 失敗した~ 」 
という気分になるのはイケコだけでしょうか ^^;?

上の写真は楽天に飛ぶようになっていて、お店が提供してくれている画像ですが、
イケコも 双鳳 のメリケン針を使ってます♪

短大家政科の時、購買でメーカーとか何も気にせずに買ったのですが、
久しぶりに見たら、 「 あら、パッケージが良い~♪ 」 とお気に入り度が上がりました。 ^^; 針の性能ぢゃないんだ・・・
ツバメノートのような、ちょっとレトロっぽく、それに個人的に枠が好きなんです♪♪♪


▼ 糸の種類

イケコは 「 付けばいいや 」 と思っているので、適当です。 (^◇^;)ゞ メンボクナイ 
選ぶ基準は ” 色 ” で、手持ちの糸の中で、一番あう色の糸でつけてます。

本来は、ボタンつけ糸 で付けるそうですが、( と本に書いてありました(^^;)
大きいスナップならいいですが、よく洋服などについている、直径1cm前後くらいのスナップの穴には 太すぎる と思います。

手縫い糸の1本取り で良いと思いますよ。





▼ 糸の長さ

8 mmのスナップ 凹側 を 1個つけるのにどのくらいの糸を使うか測ってみました! σ(^◇^;)。。。ヒマですね~ 

つける前の糸を測ると 97cm でした。
つけ終わったあとは 84cm になっていました。 → 97cm-84cm= 13cm 

ですが、玉止めしたり ゆとり分 も必要ですよね。
なので 15cm くらい足しましょう! → 13cm+15cm= 28cm ≒ 30cm

だいたい、30cm くらいは最低でも必要なようです。






ランキングサイトに参加してます。これをクリックすると、このブログにポイントが入って、そのポイント数が多い順にブログの順位が決まります。 30分ごとに更新され順位が入れ替わります、シビアです~。 イケコの参加目的は閑古鳥が鳴かないブログにする為なので、1位から5位くらいをいい感じにフラフラしていたいと思ってます。 それにポイントが多いと「更新しよう!」というブログ継続の気持ちUPにもつながるので一石二鳥なんです。 良かったらクリックのご協力よろしくお願いします
できればランキングの下がる木金あたりだと、さらに嬉しいです m(_ _)m
↓  ↓  ↓  ↓

ハンドメイド(布) ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking 


関連記事
ページトップ